冷房のない列車

2019年6月29日午後8時過ぎ。列車はBois le Roi(ボワ ル ロワ 王の森)を過ぎるところであり、不必要な停車をしている。

二階建ての列車は古い非冷房車で、窓は開閉可能なものが半分。あとは締切である。

気温は外気35度。巨大な鉄の列車の中は、サウナのようで体感は40度である。

前から数両目の1階席の半ばに腰を掛け、本を読む。

6人がけのシートには、ひと席挟んで、白髪の白人のマダムがエレガントに本を読んでいる。

最前列のシートの左の窓側に腰掛ける中年の黒人の親父が、なぜかスピーカー機能でおっ母と話し込んでいる。

私の隣のマダムが立ち上がる。

ずんずんと最前列に足を進め黒人に話しかける。

On profite tous votre conversation privée.
みんな貴方のプライベートの会話を満喫しています。

このマダムの皮肉は、私が好む類いのそれであり、マダムが私と目を合わせながら横を通り、席に着く。

一つ前のボックスシートの白人の三十半ばぐらいの女が、よくぞ注意してくれたの合図をマダムに送る。

黒人の男はより一層電話をやめない。
そしておっ母に一言。
「白人のマダムに会話を注意された。」

嫌味返しとしてはもう一捻り欲しいところだ。

私とマダムは呆れて目を合わせる。

前の三十路半ば白人も振り向いて呆れた表情をつくる。

車両の後ろの方から、黒人が一人、彼の嫌味返しに拍手をした。

私は本をマダムとの間に置き、この顛末を書き始める。

ただ今20時35分。

列車はパリ郊外をリヨン駅に向けて走る。

丁度進行方向左側の眼下には、ジプシーのキャラバン集落が見えて過ぎた。

また1分過ぎた。

ただ今20時36分。左の窓からは日没二時間前の夕陽が眩しい。

カテゴリー: エッセイ パーマリンク

コメントを残す