月別アーカイブ: 2019年4月

ノートルダム炎上 〜ノートルダム一件に見る、現代フランス人の社会と精神性〜

ノートルダムが燃えた。 並ぶのが嫌いな僕は、ノートルダムに入ったこともなければエッフェル塔に登ったこともない。 ただし、年がら年中そこに当たり前にあるものが無くなるというものは、いささか無常を感じさせる。 さて、世界中を … 続きを読む

カテゴリー: フランスの現実, 日仏比較 | コメントする

日本学を学ぶフランスの生徒たち 〜日本趣味かオタクか、あるいはホモか〜

・ある女学生の涙 ある1年生の女学生が、家族に日本学科に在籍し続けることを反対され、今年を限りに辞めざるを得ないかもしれない、ということを泣きながら相談してきた。 特にお父さんから、何にもならない日本学をやるよりも、法学 … 続きを読む

カテゴリー: フランスから見た日本, フランスの現実, 日仏比較 | コメントする

なぜにフランスでは精神病が多いのか 〜4人に1人が精神病のフランス人、陰と陽・チェットかシナトラか〜

・フランス精神病者の割合 フランスで、精神病のことについて考えさせられる出来事に遭遇し、これを機に、フランス人の気質(南仏人を除く)は、どうしてこんなにも根暗で、陰気で、精神病の人が多いのかということを、ちゃんと調べて、 … 続きを読む

カテゴリー: フランスと日本人, フランスの現実, 日仏比較 | コメントする