月別アーカイブ: 2019年7月

鉄道オタクに考える日仏文化

日本には鉄道に心酔する人がたくさんいる。 乗ることが好きな乗り鉄、撮影することが好きな撮り鉄、鉄道模型。鉄道はとりわけ男性の一大趣味の一つである。 そうでなくとも、トミカもそうだが、プラレールというものもまた、子供の乗り … 続きを読む

カテゴリー: 日仏比較 | コメントする

夜闇のパリ・SFな東京

パリの夜は暗い。 大都会パリでさえ、夜闇を有するのだから、その他のフランスは尚一層に暗い。 パリでも地方でもフランスの街々を夜に歩けば、図らずも夜は暗いのだと思うということは、いかに東京が闇無き明るい夜の街なのかというこ … 続きを読む

カテゴリー: 日仏比較 | コメントする

華僑の独占となりゆくフランスの煙草屋〜煙草屋の近代史〜

フランスという国は愛煙の国である。 街行く人は煙草を吹かしては投げ捨てて歩く。 ある友人は、僕の研究仲間の喫煙女子が日本で携帯灰皿を購入したのを羨み、晴れて日本でそれを買ったが、携帯灰皿に吸い殻をしまう人などまず見ない。 … 続きを読む

カテゴリー: フランスの現実 | コメントする

革命記念日に思う

2019年7月13日夕刻。 フォンテーヌブローの共和国広場では、翌日の革命記念の式典のため仮設ステージが建てられ、近隣の店々の軒先も巻き込みながら三つのフランスの色がはためく。 その横の教会の鐘は前近代のフランスの栄華を … 続きを読む

カテゴリー: フランスの現実, 日仏比較 | コメントする

フランスと大麻

フォンテーヌブローの宵。 横丁ともいうべきバーが数件並ぶ小さな中心街には、毎晩どこからか大麻の匂いが香ってくる。 ヨモギを燻したかのような独特の香ばしい煙に任せ、つらつらとフランスにありふれる大麻に関連して、日仏またいで … 続きを読む

カテゴリー: フランスの現実, 日仏比較 | コメントする

バカンスと定年退職 日本人VSフランス人

人生、あるいはライフコースと言った方が収まりが良いかもしれないが、その流れの上で、バカンスは息抜きであり、退職は大きな転換である。 これを喜びという形で積極に捉えるか、退屈というような消極に捉えるか、あるいはどうでも良い … 続きを読む

カテゴリー: フランスから見た日本, 日仏比較 | コメントする

フランスの選挙カーと政治家のポスター

フランスに選挙カーはない。 政治家のポスターも日本のようにはペタペタとあちこちに貼られていない。 以上。 今夏は、令和初めての夏ながら、日本では参議院選挙があるという。 日本の夏は普通なら金鳥の夏。あの蚊取り線香の煙と、 … 続きを読む

カテゴリー: フランスから見た日本, 日仏比較 | コメントする

デンマーク人のために駅員になった私

2019年7月9日午前零時15分。 零時46分の終電に乗る為に、僕はパリのリヨン駅にいた。 今宵は、日本から呑兵衛の先輩がパリに見え、当たり前にしっかり呑んで、気分良く駅にいた。 電光掲示板の終電の時刻はなぜか10分遅れ … 続きを読む

カテゴリー: フランスの現実 | コメントする

パリを嫌うフランス人たち

また一人フランス人の友達がパリを去る。 それにしても、フランスに住んで色々な人と関われば、パリというのは、フランス人の中にこそアンチの多い街であり、半分のフランス人はパリを嫌っていることに気づかされる。 そして、その嫌い … 続きを読む

カテゴリー: フランスの現実 | コメントする

男の悲哀・子の悲哀

「コンドームは二枚重ねで。」 そう言ってマルボロは僕に笑う。 昨夜は、キャメルの子が男児と判明したのにかこつけて、僕とマルボロとキャメルは祝杯を挙げた。3人の腹が出てきて、これを叩くのが僕らの挨拶になった原因として明らか … 続きを読む

カテゴリー: フランスと日本人, フランスの現実 | コメントする