月別アーカイブ: 2019年8月

イタリア旅の醍醐味〜イタリア人の懐〜

旅の方法や契機は様々である。 仕事、弾丸旅行、修学旅行、卒業旅行、新婚旅行、傷心旅行。 仕事ならば、遊びの余白は少なくなり、弾丸ならあっちこっちへ巡ろうと欲張り根性が出る。修学旅行なら決まり切った王道のコースになり、卒業 … 続きを読む

カテゴリー: エッセイ | コメントする

日本人が憧れるフランス・憧れないイタリア 〜この差がもたらす悲哀〜

日本人の憧れ根性 日本人はよその国に憧れ出すと、その対象を美化して止まず、手に負えない。 憧れが暴走し、際限なきデフォルメと出鱈目の言説が蔓延する。 その対象の最たるものはフランスである。 どういうことが憧れが暴走した美 … 続きを読む

カテゴリー: 社会批評 | コメントする

94歳パニーニばあちゃん〜イタリアの年寄り〜

イタリア、トリエステ。 昼前に、近所のスーパーへ買い物に行く。 階段の踊り場で、ご近所のおばあちゃんにすれ違う。 Buongiornoと挨拶を交わす。 このおばあちゃんはご機嫌で、暑いわね、などと世間話を始める。 イタリ … 続きを読む

カテゴリー: | コメントする

スロヴェニア小紀行

トリエステからスロヴェニアの首都リュブリャナまでは70キロの道のりであり、これは、全くパリフォンテーヌブロー間と同じ距離である。 イタリア国鉄も走っているが、倍ほど時間がかかるので、今ではバスで山越えをして1時間30分程 … 続きを読む

カテゴリー: エッセイ | コメントする

フランスのパン・イタリアのパン・日本のパン

パンが一番おいしいのはフランス。 バゲット、ライ麦のパン、パン・ドゥ・カンパーニュ。 外はこんがり中はもっちり。 味も濃厚。 そして王道クロワッサン。 フランスはバターが旨い。 だからクロワッサンは他所じゃ真似できない。 … 続きを読む

カテゴリー: | コメントする

フランスVSイタリア南仏

フランス(南仏を除く)とイタリア。 これは日本と朝鮮とまったく同じである。 白人でありながら、ラテンとガリアで民族が違う。 黄人でありながら、大和と朝鮮で民族が違う。 食べ物がまるで違う。 気質が違う。 隣国同士というの … 続きを読む

カテゴリー: エッセイ | コメントする

ナポレオンはイタリア人なのかフランス人なのか論争

イタリアにもフランスにも、ナポレオンは果たしてイタリア人なのかフランス人なのかという論争がある。 ナポレオンはコルシカの生まれであるが、ナポレオンが1769年の8月15日に生まれるちょうど1年3ヶ月前まで、コルシカはジェ … 続きを読む

カテゴリー: エッセイ | 1件のコメント

熟女カルメン〜カタルーニャ独立と近親婚社会〜

日曜の夜9時、僕はちょっとした酒場難民になった。 トリエステで行きつけにし始めた、地元民で賑わうワインバーや食堂のいくつかが、日曜で閉店していたのである。 そして夜9時には空いている店も店じまいを始める。 そこで、港から … 続きを読む

カテゴリー: エッセイ | コメントする

伊太利女性ノ美人タルノ美學人類學的考察

伊太利女性ノ美人タルノ美學人類學的考察 世川祐多 筆者ハ伊太利女性ホド欧洲ニ於テ美シキ女性ハ居ナイトゾ思フ。 イタリアに一歩足を踏み入れれば、伊太利女性の美しきことには脱帽せざるを得ない。 筆者は無帽であったから、見えな … 続きを読む

カテゴリー: エッセイ | コメントする

使えない言語だってええじゃないか、愛さえあれば。

所用でトリエステの郵便局へ行った。 入るやいなや「Buongiorno !」の唱和。 「根暗な隣国じゃ郵便局でこの愛想の良さはありえない。」 郵便局もイタリアはイタリアである。 僕は日本へ発送するものがあり、つたないイタ … 続きを読む

カテゴリー: エッセイ | コメントする