フランスの現実」カテゴリーアーカイブ

華僑の独占となりゆくフランスの煙草屋〜煙草屋の近代史〜

フランスという国は愛煙の国である。 街行く人は煙草を吹かしては投げ捨てて歩く。 ある友人は、僕の研究仲間の喫煙女子が日本で携帯灰皿を購入したのを羨み、晴れて日本でそれを買ったが、携帯灰皿に吸い殻をしまう人などまず見ない。 … 続きを読む

カテゴリー: フランスの現実 | コメントする

革命記念日に思う

2019年7月13日夕刻。 フォンテーヌブローの共和国広場では、翌日の革命記念の式典のため仮設ステージが建てられ、近隣の店々の軒先も巻き込みながら三つのフランスの色がはためく。 その横の教会の鐘は前近代のフランスの栄華を … 続きを読む

カテゴリー: フランスの現実, 日仏比較 | コメントする

フランスと大麻

フォンテーヌブローの宵。 横丁ともいうべきバーが数件並ぶ小さな中心街には、毎晩どこからか大麻の匂いが香ってくる。 ヨモギを燻したかのような独特の香ばしい煙に任せ、つらつらとフランスにありふれる大麻に関連して、日仏またいで … 続きを読む

カテゴリー: フランスの現実, 日仏比較 | コメントする

デンマーク人のために駅員になった私

2019年7月9日午前零時15分。 零時46分の終電に乗る為に、僕はパリのリヨン駅にいた。 今宵は、日本から呑兵衛の先輩がパリに見え、当たり前にしっかり呑んで、気分良く駅にいた。 電光掲示板の終電の時刻はなぜか10分遅れ … 続きを読む

カテゴリー: フランスの現実 | コメントする

パリを嫌うフランス人たち

また一人フランス人の友達がパリを去る。 それにしても、フランスに住んで色々な人と関われば、パリというのは、フランス人の中にこそアンチの多い街であり、半分のフランス人はパリを嫌っていることに気づかされる。 そして、その嫌い … 続きを読む

カテゴリー: フランスの現実 | コメントする

男の悲哀・子の悲哀

「コンドームは二枚重ねで。」 そう言ってマルボロは僕に笑う。 昨夜は、キャメルの子が男児と判明したのにかこつけて、僕とマルボロとキャメルは祝杯を挙げた。3人の腹が出てきて、これを叩くのが僕らの挨拶になった原因として明らか … 続きを読む

カテゴリー: フランスと日本人, フランスの現実 | コメントする

知人の彼氏が殴られた最終列車一本前

今日僕は最終列車の一本前に乗っていた。 2019年7月1日23:46発のパリリヨン駅発モンタルジ行き。 またしても架線工事のせいで、いつも通り途中駅のムーランからフォンテーヌブローへのバス振替輸送である。 振替輸送は二倍 … 続きを読む

カテゴリー: フランスの現実 | 1件のコメント

春のないフランス

去年の秋も秋を感じなかった。 曇りと肌寒さの九月は、ジャズのような枯葉の時期として存在し、街には木枯らしとともに黄色い葉が落ち、そして太陽のない日々が春まで続く。 秋も春も来たる冬と夏の準備期間として肝要である。 体はそ … 続きを読む

カテゴリー: お遊び, フランスの現実 | コメントする

フランスとコンプライアンス 〜教職と芸事と闇営業と…何もかも萎縮する時代〜

僕は、現代のフランス社会の世相をありのままに発信しようと努め、インスタグラムなんかもやっている。面白いと思ったスナップショットを撮りまくりだだ流しする。 素人芸ながら、写真を通してフランスの何かをお感じいただければという … 続きを読む

カテゴリー: お遊び, フランスの現実, 日仏比較 | コメントする

猛暑酷暑 フランスVS日本 どっちも地獄

一歩外を歩けば汗が吹き出る東京のアスファルトジャングル。 東京でなくても、日本の夏はどこにいっても蒸し暑く、サウナのような外気の中、汗は止まらない。 しかし、現代の日本においては、数十年の歳月をかけ、自動車・電車・建物な … 続きを読む

カテゴリー: フランスの現実, 日仏比較 | コメントする