社会批評」カテゴリーアーカイブ

フランスに思うこと。日本に思うこと。

フランス人の字はなぜ汚いのか?〜アヴァンギャルドか只の下手っぴか〜

はっきりと申し上げて現代フランス人の字というものはすこぶる汚い。 あの流れるような美しい筆記体の文字はもう見ることはできない。 現代日本人の文字も概して汚い。戦前の教育を礼賛するわけではないが、戦前にしっかりと教育を受け … 続きを読む

カテゴリー: 社会批評 | コメントする

乞食のクリストフ〜日仏乞食論〜

「クリストフを知らずんばベリフォンタン(フォンテーヌブロー人)にあらず。」 こうフォンテーヌブローでは言われている。 フォンテーヌブローやベルサイユは、パリ首都圏イル=ドゥ=フランスでは特殊な街で、世界遺産の王宮を有し、 … 続きを読む

カテゴリー: 社会批評 | コメントする

フランスにおける若者の「右傾化」と日本

メディアが盛んに若者の「右傾化 / droitisation ドロワティザシオン」が悪い事であると社会に流布するのは、フランスも日本も全く同じである。 戦後、フランスにおいても日本においても、論壇や学問・メディアの世界は … 続きを読む

カテゴリー: 社会批評 | コメントする

死にゆくマドモワゼル

マドモワゼルは瀕死である。 若い未婚の娘である。 女は結婚するか、それなりに歳を重ねればマダムになる。 男はいくつであろうとムッシュである。 女が社会的状況や見た目で呼称を変えられるのはおかしい。 そういう時代の風潮でマ … 続きを読む

カテゴリー: 社会批評 | コメントする

近所の中華屋さん〜国家と人〜

カレーライス。中華。和食でもないが現代日本人には不可欠な食事である。 どうも時々はこれを食べないことには胃袋がおさまらない。 フランスでもおそらく他のヨーロッパ諸国においても華僑のいない都市はない。 どこにでも中華屋や華 … 続きを読む

カテゴリー: 社会批評 | コメントする

鉄道オタクに考える日仏文化

日本には鉄道に心酔する人がたくさんいる。 乗ることが好きな乗り鉄、撮影することが好きな撮り鉄、鉄道模型。鉄道はとりわけ男性の一大趣味の一つである。 そうでなくとも、トミカもそうだが、プラレールというものもまた、子供の乗り … 続きを読む

カテゴリー: 社会批評 | コメントする

華僑の独占となりゆくフランスの煙草屋〜煙草屋の近代史〜

フランスという国は愛煙の国である。 街行く人は煙草を吹かしては投げ捨てて歩く。 ある友人は、僕の研究仲間の喫煙女子が日本で携帯灰皿を購入したのを羨み、晴れて日本でそれを買ったが、携帯灰皿に吸い殻をしまう人などまず見ない。 … 続きを読む

カテゴリー: 社会批評 | 1件のコメント

フランスと大麻

フォンテーヌブローの宵。 横丁ともいうべきバーが数件並ぶ小さな中心街には、毎晩どこからか大麻の匂いが香ってくる。 ヨモギを燻したかのような独特の香ばしい煙に任せ、つらつらとフランスにありふれる大麻に関連して、日仏またいで … 続きを読む

カテゴリー: 社会批評 | コメントする

バカンスと定年退職 日本人VSフランス人

人生、あるいはライフコースと言った方が収まりが良いかもしれないが、その流れの上で、バカンスは息抜きであり、退職は大きな転換である。 これを喜びという形で積極に捉えるか、退屈というような消極に捉えるか、あるいはどうでも良い … 続きを読む

カテゴリー: 社会批評 | コメントする

フランスの選挙カーと政治家のポスター

フランスに選挙カーはない。 政治家のポスターも日本のようにはペタペタとあちこちに貼られていない。 以上。 今夏は、令和初めての夏ながら、日本では参議院選挙があるという。 日本の夏は普通なら金鳥の夏。あの蚊取り線香の煙と、 … 続きを読む

カテゴリー: 社会批評 | コメントする