フランスと人種差別

2. 白人がする差別と、黒人・アラブ人がする差別の違い

差別が現れる場面というのは、就職、家の契約、結婚というような深層的なものから、先の動画のような、表立った場所での差別発言というような表層的なものがある。

私の体感では、白人がする差別は深層的で見えにくい。
黒人・アラブ人がする差別は表層的で見えやすい。

先ほどの動画でも、差別発言をする男二人の役者がアラブ人で、実際には登場しなかった反差別論者の女優が白人であるという設定をしていることにも、それは現れている。

まず、反差別などの左翼的パフォーマンスは白人は上手である。
しかし、こういう人に限って、白人としかつるまないというのは、私はこの目でよく見てきており、例えば、反差別の白人に限って、国際恋愛をしない。
右翼の方が、国際恋愛をし、意外と「この白人、移民嫌いの右翼だよな」という人の方が、嫁が外国人であったりと、彼らが一たび、ある外人をフランスを尊重するいい奴と認めれば、敷居が途端に低くなったりする。

これは、私と警察官の友人の話をご覧いただければお分かりいただけるはずである。

国際結婚をしている日本人の妻の旦那さんは、だいたい右寄りな感じを私は受けている。
あるミシュランのかつての重鎮も、奥さんが日本人で、日本を破壊した張本人としてペリーが嫌いであると公言している。

また、極右政党と言われているRN(国民連合)の大物であり、ただいまルペン党首と仲違いをしているBruno Gollnischは、奥さんが日本人である。

話を戻して、白人の深層の差別というのは、権力を持つものができる差別である。

例えば、最近アラブ人たちが、Mohamedなどという名前をつけないようになり始めたが、それは、履歴書の写真を撤廃して人種差別をしないという偽善とも取れるアピールを企業がとったとしても、名前でアラブ人や黒人とすぐわかる場合、採用しないことが多い為である。

あるいは、家の契約で大家は移民には貸したくないというのは、事実である。
だから、移民は家を借りるのが大変なのであるがこういうのは見えにくい差別である。

しかし、日本人はまたしても、特殊有色人種なので、清潔に家を使い、近隣トラブルも起こさず、うるさいことを大家に言わないということで、一つのブランドと化しており、逆に家が借りやすい。

そして、結婚に関しては、一番これが難しい。
自分たちの人種や血統、共同体を守りたいという人間の性質をして、白人のみならず、移民も、同じ民族内での結婚しかしない場合がほとんどであるから、白人同士黒人同士アラブ人同士ならまだしも、人種を超えるということはやはり珍しい。

また、表向き人類平等と言っている白人が、いざ子供が外人と結婚する段階になった時に、慌てふためいて差別感情を露骨に表す実態を上手く表した映画に、「Qu’est-ce qu’on a fait au bon dieu ? ケス コンナフェ オ ボンディウー?」というコメディ映画がある。

これは題名が「神様に何をしでかしちまっんだ?」と言うように、あるカトリックの白人家庭で、子供たちが次々と、ユダヤ人中国人アラブ人と結婚してしまって内心失望している親の最後の頼みの末娘が、シャルルという名前のカトリックの男性と結婚することになり親は大喜びするが、神に何の悪さをしたのか、また失望するようなことが起こるという映画である。

このように、白人の差別は、深層的である。

ただし、白人と友達になると、家の中などで、アラブ人や黒人やユダヤや華僑に対する差別発言が出ることは割に普通である。

他方、黒人やアラブ人の差別は、暴力や露骨な差別発言など表層的である。

お互い差別されているから、自分たちより下を探し蔑みたいという移民同士の底辺の憎しみ合いがある。
アラブ人は黒人を見下し黒人はアラブ人を見下す。
しかし、彼らは仕事もなく、生活保護で暮らしている人が多い最底辺の社会階級であるし、黒人にもイスラム教徒の民族は多いので、そこまで、憎しみ合っているというわけではない。

彼らの憎しみが向かうのは、移民のくせに、商売を上手くやって、フランスで生きていけてしまっている華僑になる。また、当然白人への恨みは深い。
そのため、先ほどの検証動画の設定のように、道でアジア人に対して侮蔑発言をしてくるのは、圧倒的に、アラブ人や黒人が多い。
私も、パリの郊外で、黒人やアラブ人たちから、Fuck Youポーズをされたり、罵られたことがある。
白人の小汚い格好をした明らかに社会階級の低い人からは、こういうことは何回かあったが、アッパークラスの白人からはこういうことはされない。

すなわち、表で露骨なヘイト発言をするのは、ルサンチマンが漲る、低い社会階層の人であると言える。

その雰囲気が上手く出ている、対白人ヘイトの動画がある。
残念ながら、アジア人に対するヘイトの動画が見当たらないが、同じようなものである。

カテゴリー: 社会批評 パーマリンク

コメントを残す