隣国の全てを嫌い、全てから嫌われるフランス。〜ジョークシリーズ〜

3.仏白

ベルギーとフランスもまたお互いを嫌い合っている。まず、フランス語圏ワロン地方のフランス語を聞けばフランス人はすぐ馬鹿にしてモノマネを始めるし、彼らの間にはフレンチフライ、すなわちフライドポテトがベルギーフランスのどちら起源かで論争がある。
確かにブリュセルに行けば、フライドポテトがベルギー名物として溢れかえっている。しかし、フライドポテトは紀元前には既に朝鮮半島で誕生しているはずだから、そんなくだらない仏白間の起源論争はやめたほうがいい。

フランス人がベルギー人を馬鹿にして言うのはこういうものである。

「フライドポテトとムール貝しか食べない」
「みんな口髭を蓄えている」
「死語のフランス語ばかり使う」
「フランス語が農民のアクセント」
「子供好きすぎ」
「チャリンコばかりやる」
「ベルギー映画は自殺したくなるような映画しかない」
「変なことばかりする」
「ヨーロッパで一番でぶ」
「いつも雨」
「フランスより後進国」
「見るべきものがない」
「ベルギーの女はみんなブス」

ベルギー人は王国であることを誇りにしていて、友達は王様のおかげでワロンとフランデレンとドイツ語圏が融合していると言っており、ベルギー人は礼儀正しいし、ブスばっかりということはなかった。
かつて、ブリュッセルで生焼けの貝と白ワインを供するスタンドに行ってノロウイルスにかかって、その翌日に急にメトロで具合が悪くなって駅で吐いた時に、みんな「大丈夫ですか?」と私を心配してくれたし、どこへ行ってもベルギー人は優しかった。やはり、私の定説であるけれど、王国の臣民はレベルが高い。
また、美味しいビールを作るベルギー人に言わせれば、フランスのビールは「馬のションベン」とのことであるが、僕も美味しくないなと思いながら知らないで我慢して飲んでいたが、道理でそういうわけだったか。フランスならこの手の食品偽装はあり得る。フランスのビールは地ビールはさておき、大手系はドイツのそばのアルザスビールを除いては美味しくない。

参考)
http://www.topito.com/top-cliches-belge
http://www.jeuxvideo.com/forums/1-51-49436331-1-0-1-0-liste-des-vrais-et-faux-cliches-belge.htm
https://www.rtbf.be/info/societe/detail_cinq-raisons-pour-lesquelles-les-belges-ne-s-entendent-pas-avec-les-francais?id=9967830

カテゴリー: エッセイ パーマリンク