嘘七百のクールジャパン

これと同じように、デマとまでは言わないけれども、「日本の○○の店がパリっ子に大流行り」というような文句で日本で商売しようとすることがある。
はっきり言って、まだまだ、日本の文化やものへの認知度はフランスでは低い。
それは日本人で現地の言葉を駆使して社会に潜り、そこのマーケット調査をして、売り込める国際日本人がほぼほぼいないことが一因である。
すると、結局日本人で村を作り、日本人でイベントをはり、それを嗅ぎつけて来るのは、日本イベントの動向を年がら年中注視している日本マニアということになる。これはフランス人の一般層とは言えない。
そして、こういうものが日本で報道されると、現地のパリっ子に大流行りという風に盛られて紹介されるからいけない。馬鹿馬鹿しいが日本人のお決まりの悪い精神性、白人なんぞに注目されることが嬉しいからといって、さらに悪しく、日本人のうちうちで嘘までつく必要はない。

また、「フランス人をうならせた日本人」というようなフレーズもよく耳にするが、フランス帰りというだけで、その人がすなわちフランスに馴染んだ国際人であり、本当にフランス人をうならせたと盲目的に信じてはならない。
ほとんど、現地で日本人が騒ぎ、それが日本に盛って紹介されているだけのことが多い。
外国帰りの肩書きに騙されてはならず、その人が本当にフランス語を話し、フランス人に揉まれ、本当に現地で評判を勝ち得たか、吟味しなくてはならない。
また、商売のために日本人を騙すのはちょろいと考えるフランス人が、デタラメなライフスタイルやフランス文化を日本で紹介して一儲けしようとすることもある。

また、日本文化がまだまだ海外で定着しないもう一つの元凶は、日本人が外国にものを発信するときに、現地のセオリーを無視して、日本のやり方を通そうとすることにある。

たとえば、職人気質という素晴らしい日本のエスプリがあるが、こちらではトークができる職人が好まれる。フランス人は話好きだから、職人と語りたがる。こういう時に、ほぼほぼ日本人は笑顔でメルシーしか言えないから、付加価値がつかない。商売などというものはどうやって付加価値をつけ儲けるかだから、フランスではトークができた方が、客の満足度は上がり、そこにフランス人が好むエスプリで、伝統や技法のウンチクをつけていけば、ますます購買は促進され値段もプレミアがついていく。
ただ高いだけで、ウンチクがなければ、フランスでは流行らせられない。

現地の人々の好むやり方に合わせていかないと、商売なんかうまくいかない。そして、フランス人は勝手に自分の意見を言って悦にいることが好きな人たちだから、おっしゃる通りと目を丸くして頷いてやれば、じゃんじゃん金を取れる。近江商人並の勘の鋭さ、浪速の商人並の演技力が必要である。

不器用なフランス人が、なぜ彼らの文化をあたかも高尚であるかのように世界に定着させられたのかと言えば、職人が話しに話しPRし、こじつけたからである。日本で口達者な職人は胡散臭く見えるが、こちらでは胡散臭ければ臭いほどいい。小便ないし香水臭いおフランスですから。

最近は私の愛する寿司や日本酒もフランスに定着しようと頑張っている。しかし、フランス人にとって寿司は中国人がやっているまがい物のイメージがまだ強いし、日本酒もそうして中国人がジャパニーズサケとして売っているパイ酎のイメージが拭えていない。

これを打破し、正しく日本文化を外国で伝えていくには、日本人の作り手や販売員が、現地の言葉で上手にトークをし、伝えながら販売していくということが一つ。もう一つは、現地の人で日本文化の実践者を増やすことである。

カテゴリー: 社会批評 パーマリンク

コメントを残す