月別アーカイブ: 2018年2月

現代パリ恋愛模様 〜パリと錦糸町のエレジー〜

男のサガというものは、本質的に辛く哀しいものである。 若き無鉄砲の時代には、そう思わなくても、男の身には、「男はつらいよ」と思わせる様々の経験が降り注ぎ、浮世の理を知る。 車寅次郎は、日本各地やウィーンで、48回も女に振 … 続きを読む

カテゴリー: お遊び, フランスの現実, 日仏比較 | コメントする

現代フランス人の宗教観と日本人の宗教観

「宗教は何?」「何を信仰してる?」 フランスでは、いとも簡単に、こうした質問が飛び交う。 フランス人は議論好きだから、一議論を巻き起こす宗教の話題は好きだし、僕に対しては、僕が日本人であるから、日本人の宗教を聞いてみたい … 続きを読む

カテゴリー: フランスの現実, 日仏比較 | コメントする

Belleville -面白怖いパリのカルティエ、キリシタンのまぼろし-

パリの北の方、20区の中にあるカルティエ、Belleville(ベルヴィル)。 字面は、美しい−街、Belle-Ville。 僕はこの街をSalleville(サルビル)。汚い街と呼んでいる。     … 続きを読む

カテゴリー: お遊び, フランスの現実 | コメントする

パリに降り立った日に -先進とは、自由とは-

2012年9月13日、朝7時、パリの上空から外を見ていた。 まだ、暗い朝霧の中、空から見るパリは平坦である。そして、光がない。 そんなことさえ僕には驚きであった。 日本で純粋培養され、井の中の蛙であった僕にとって、政治経 … 続きを読む

カテゴリー: フランスの現実 | コメントする

見聞のはじめに

事実、開国してから相当の月日が経った。 しかし、未だ、海外に長期間腰を据えて日本を見、そのあり方を考える人は多くはない。 まだまだ脱亜入欧の雰囲気が日本にはある。 何かの論を構える時に、「欧米では」という枕詞が飛び交うこ … 続きを読む

カテゴリー: 見聞のはじめに | 4件のコメント