月別アーカイブ: 2018年3月

大統領制のフランスに住めば 〜マクロンの改革・サルコジの拘束・森友問題等に比較して〜

3月20日に、フランスの前々大統領サルコジの身柄が拘束された。容疑は、数年前より取り沙汰されていた、2007年の大統領選挙において、アラブの春で失脚殺害されたリビアのカダフィ大佐から、莫大な資金援助を受けていたというもの … 続きを読む

カテゴリー: フランスの現実, 日仏比較 | コメントする

パリジャンと江戸っ子と京都の都人 〜なり切れるか、なり切れないかのはざまで〜

事実、パリジャン・パリジェンヌという響は、多くの人々を魅了する。   パリは、芸術や食、ファッションに学問、ありとあらゆるものを結集させる力と、発信力の二つを兼ね備えた都市である。それ故、ヨーロッパの中では、嫉 … 続きを読む

カテゴリー: 日仏比較 | コメントする

海外の日本人ぺてん師 -パリ千家家元千パリ休-

海外にいる日本人で、書道家とか茶道家を見たら要注意。 ぺてん師である可能性がある。 小さいギャラリーなど、いたるところで、訳のわからない日本関連の展示会があるから、冷やかして見ると面白い。 とてつもなく下手な字を掛け軸に … 続きを読む

カテゴリー: フランスと日本人 | コメントする