今どき珍しカトリック美女と語らふフランスの今昔【3】 〜無神論と宗教みたいなベジタリアン旋風の中で編〜

目下フランスにはものすごく無神論者が多い。

でも、彼らが人間の所為とは思えず、科学的にも立証できないようなこと。神道に裏打ちされた日本人の感性からしたら、「神ってる」みたいな感性を全否定しているのかというと違う気がする。
ただ、カトリックの教義が現代社会に合わなすぎて、これに拒否感を抱いていて、無神論と言っていることが多いと感じる。

僕がカトリックの君に良い言葉ねと言われて嬉しくなっちゃったのが、無神論者は本当に無神論という訳ではなく、Ils essaient de ne pas croire. 【信じないように努力している。】と感じるといった言葉であった。

この言葉は、フランス人の無神論者の非宗教形式の結婚式に出たからこそ出た言葉であった。

こちらでは、無神論者の結婚式では、結婚式場で、あらかじめ指名された友達が神父のような役割をする。それだけでも、聖職者が持つような重みがない。キリスト教の結婚式っぽいやり方でやるから聖職者の影がちらつくので、逆に胡散臭くなってしまう。しかも、無神論なはずなのに、神とか忠義とか、神父が言いそうな文言がしばしば出てきて、無神論なのにキリスト教を払拭できてないじゃんと思わされるのである。

そもそも、無神論なら、宗教を否定するのだから、教会における結婚式のスタイルを模倣してやっていること自体おかしい。
アナーキストが国から生活保護を受けるような矛盾なのである。

こういうものを見るにつけ、無神論と宣言している人たちも、結婚の時などは、人間界の上位に位置する、何か神的なものを権威として欲するんだということを感じるのである。フランスでは無神論者も神はいないとか言いながら、クリスマスをやる。これは、クリスチャンではないが多神教で神仏混交の普通の日本人がやるクリスマスより悪質だと思う。キリストがいないと言い張るならやるな。

日本の方が破戒だという批判もあるかもしれないが、僕は日本がクリスマスイブにかこつけたカップルたちのせいで、ラブホがどこも満室になるみたいな感性が神道的でほっこりする。
日本人は意識せずに、極めてナチュラルな多神教である神道であるから、「野球の神様のおかげで」とか「サッカーの神様が」とか、どんな領域であっても、神を感じ、人間を凌駕した神々の所爲を感じている。そこに人間の優位性はない。上に神々がいるから。

対して、ヨーロッパの無神論者はカトリックの教義や組織の体質に反発して、無神論になるのであるが、カトリックに代わって、人間の上位にある科学では説明不能の神的領域や、信じるという人間本来の感性を埋めてくれる存在に枯渇していたところ、最近になってベジタリアンがうまくフィットしてしまった。

これのたちの悪いところが、自分たちが、善良な人間であって、人間の優位であると酔いしれられるところである。ベジタリアンの人はみんな自分に酔っている。自分が動物愛護を信じて、これを庇護する神のように。

僕の友達の無神論者の女の子は、僕も知っている彼女の親友に感化されてベジタリアンになり、「私の好きなフランス料理は全部肉だったのに、もう食べられない」と嘆いていた。
人のことだし、干渉しているみたいで嫌だから言わないが、「じゃ食えやいいだろ」と思っている。ベジタリアンが社会の掟になってしまい、行き過ぎるとフランスの食文化は死ぬと思う。何も食べるものがなくなる。

カテゴリー: エッセイ パーマリンク

コメントを残す