今どき珍しカトリック美女と語らふフランスの今昔【3】 〜無神論と宗教みたいなベジタリアン旋風の中で編〜

目下フランスにはものすごく無神論者が多い。

 

でも、彼らが人間の所為とは思えず、科学的にも立証できないようなこと。神道に裏打ちされた日本人の感性からしたら、「神ってる」みたいな感性を全否定しているのかというと違う気がする。
ただ、カトリックの教義が現代社会に合わなすぎて、これに拒否感を抱いていて、無神論と言っていることが多いと感じる。

 

僕がカトリックの君に良い言葉ねと言われて嬉しくなっちゃったのが、無神論者は本当に無神論という訳ではなく、Ils essaient de ne pas croire. 【信じないように努力している。】と感じるといった言葉であった。

 

この言葉は、フランス人の無神論者の非宗教形式の結婚式に出たからこそ出た言葉であった。

 

こちらでは、無神論者の結婚式では、結婚式場で、あらかじめ指名された友達が神父のような役割をする。それだけでも、聖職者が持つような重みがない。キリスト教の結婚式っぽいやり方でやるから聖職者の影がちらつくので、逆に胡散臭くなってしまう。

 

しかも、無神論なはずなのに、神とか忠義とか、神父が言いそうな文言がしばしば出てきて、無神論なのにキリスト教を払拭できてないじゃんと思わされるのである。

 

そもそも、無神論なら、宗教を否定するのだから、教会における結婚式のスタイルを模倣してやっていること自体おかしい。
アナーキストが国から生活保護を受けるような矛盾なのである。

カテゴリー: 日仏比較 パーマリンク

コメントを残す