今どき珍しカトリック美女と語らふフランスの今昔【3】 〜無神論と宗教みたいなベジタリアン旋風の中で編〜

チーズ食べない、カフェオレ飲まない、クロワッサンはバターが入ってるから食べられない、オニオングラタンスープはスープにラードが入ってる、ビーフブルギニョンはビーフ、エスカルゴはカタツムリ、フランスの食の伝統文化は一切食べられない。

 

カトリックの君は、カトリックだから肉を食う。一緒に飯を食べていて、「私はカトリックだからお肉食べるわ」と素敵に言っていたが、これは我々が、「最近のフランスのベジタリアンが極端でファシズムみたいじゃない?」という会話を切り開いた。

 

鴨と鳥と赤ワインを食らいながらベジタリアン分析の話が弾む。
ちなみに、近年の研究では、江戸時代に九州の隠れキリシタンの百姓たちが、家畜を勝手に屠って、肉食をしたり、これをイエス様に捧げていたことが明らかになっている。江戸の隠れキリシタンも肉を食ったし、今ではベジタリアンたちの運動のせいでフランス伝統の肉食が白眼視されつつあるパリにあって、パリの隠れキリシタンもこうして肉を食うのである。赤ワインも大事。

 

厄介なのが、無神論者とて、一神教に慣れすぎた人間たちは、強烈なストイシズムと戒律を求めることである。

 

どういうことかというと、無神論者たちもカトリックが嫌いで、アンチカトリックというのが根底にあるのに、同様にベジタリアンという新教義をもとに、彼らが嫌いなはずのカトリックっぽくなっている。

 

さらにラジカルな大教典として、1944年に、イギリスで設立された団体のVegan Societyの指導者ドナルドワトソンの作った言葉兼ウルトラストイックな概念Vegan【ヴィーガン 仏式発音ヴェガン】があり、これが今ビッグウェーブで復活した。

カテゴリー: 日仏比較 パーマリンク

コメントを残す