今どき珍しカトリック美女と語らふフランスの今昔【3】 〜無神論と宗教みたいなベジタリアン旋風の中で編〜

さて、彼女の口からも聞かされたのが、ベジタリアンは、押し付けがましいし、「動物を食べるなんて人間の所業にあらず」とか「人でなし」とか平気で言うので、腹立つということであった。

 

パリに住んでいると、相当ヴェガンが増えてきて、女が圧倒的に多い気がするが、ベジタリアンらが、「動物殺すなんてありえない」とかデカデカと自分が正しいかのように独善的に言って、そうじゃない人を見下す光景にも遭遇するし、そういう言説が溢れかえっている。
「これは実に全体主義の、ベジタリアンファシズムだよね」とお互い同調した。

 

僕は人間も食物連鎖の中にいるので、乱獲はいけないが、各々の民族や文化の食事を尊重しながら、殺した命をありがたくいただくべきだという考えである。また、やりたいならベジタリアンをやる人がいても構わない。ただ、ベジタリアンが独善的になって押し付けがましいのが、辛いのである。

 

相当多くの非ベジタリアンのフランス人も同じことを言うが、公然と言うと白眼視されるので、ベジタリアン批判はタブーっぽくなってきている。

 

僕は朝鮮人の友達にパリで会うと、朝鮮民族は白人のプレッシャーに負けず、犬食やめんなよと毎回言っているが、僕も愛犬家だし、犬なんてかわいいけど、食用にして食ったって減らないし、フランス人がうさぎ食いまくるのと同じなんだから。そして日本人は鯨を食べましょう。最近はミニブタブームだけれど、豚だって本当はかわいいんだから。でも食べるのはしょうがない。こっちだって人間という動物なんだから。

カテゴリー: 日仏比較 パーマリンク

コメントを残す