フランスとサッカー、フランス人ってなあに? 移民と慈善事業 〜W杯優勝記念〜

2018年ロシアW杯でフランスは優勝した。

 

僕はパリで、フランス人たちがW杯を通じて熱狂的になり、それが優勝で沸点に達するという珍しい光景に一日本人として遭遇した。

 

さて、フランスの代表チームには、昔から純粋にフランス人ですというような、純粋な白人はほぼおらず、ほとんど黒人であったということは、日本人も気づいたであろう。しかし彼らは、呂比須ワグナー、ラモス瑠偉、闘莉王、三都主アレサンドロ、ハーフナーマイクのように、時折日本の代表チームに見られるような、帰化第一世代選手ではない。
フランスの移民の家庭に生を受け、そして、フランスでは黒人ともなれば移民は普通貧困であるから、そういうところからサッカーで這い上がってきた強者ということになる。

 

サッカーのナショナルチーム一つとっても、同じヨーロッパでありながら、移民政策をして移民を長きにわたり受け入れてきた、かつての経済大国フランスと、もとよりヨーロッパの貧困国であり、移民をフランスなどに出しこそすれ、移民が来ないクロアチアとの色彩の差は歴然であった。つまりクロアチアは純クロアチア人のチームなのである。

 

さらに、フランス代表をして、たとえそれが白人であろうと、彼らの多くは移民の白人の家庭の子である。代表選手で、黒人以外の選手だけをピックアップする。

GK Hugo Lloris : スペインカタルーニャ移民
GK Alphonse Areola : フィリピン移民
F Antoine Griezmann : ドイツとポルトガルのハーフ
F Olivier Giroud : フランスとイタリアの血筋
F Florian Thauvin : フランス
D Adil Rami : モロッコ移民
D Nabil Fekir : アルジェリア移民
D Lucas Hernandez : スペイン系?
D Benjamin Pavard : フランス

こういう概要であるから、フランスにおいて、サッカーは移民の人たちの注目を常に浴び、また、選手たちも、自分たちのアイデンティティーに関してよくメディアで発言するように、自分のアイデンティーを背負いながら、代表選手を務めることになる。

カテゴリー: フランスの現実 パーマリンク

コメントを残す