見聞のはじめに

事実、開国してから相当の月日が経った。
しかし、未だ、海外に長期間腰を据えて日本を見、そのあり方を考える人は多くはない。
まだまだ脱亜入欧の雰囲気が日本にはある。
何かの論を構える時に、「欧米では」という枕詞が飛び交うことが、何よりの証左である。
そして、「欧米では」と言う人が、本当に情報を吟味できるほど欧米に通じ、自分の実体験からそう言っているかは、あやしい。
本当に、自分たちの欧米への理解は正しいのだろうか?外から比較して日本を見れば、日本はどのように映るのか?ただこの興味から、フランスに来た。

 

 

フランスであった理由は、フランスの人の営みを考える哲学的な歴史学に興味があったこと。
フランスの学費が外国人にも安いこと。こうした理由である。
本当はイギリスに行きたかったが、外国人への学費があまりに高いので、フランスになった 住んで見ればパリはそう心地が良いわけではない。秋冬春は太陽も出ないし、物価も高い。見たくないものもたくさん見る。論調は偽善で溢れている。自由自由と言っても、本音を公然と言って議論できる状況にない。

 

 

しかし、フランスに来て良かったと思っている。21世紀初頭のフランスが見せる素顔は、日本を考えるのに適している。気のおけない仲になり、酒を酌み交わせば外人である私に本音が出るフランス人。異邦人であるからこそ、フランス人の本音に近づける利点がある。また、フランス人の日本に対する眼差しは中々のものがある。性格で言ったら真反対の日本とフランスは、無い物ねだりのようにお互いを好き合っていることは事実のようだ。一度の人生でパリに住めたことは宝物の経験である。

カテゴリー: 見聞のはじめに パーマリンク

見聞のはじめに への4件のフィードバック

  1. 作太夫橘知一 のコメント:

    情報化社会の今、溢れた情報をどう取捨選択するか難しい時代ですが、フランスにいるからこそ見えてくるもの、そして我々がこの先の日本国の事を考える良い材料が見つかる事を期待します。

  2. s.miyazaki のコメント:

    それぞれ生きている人にとって「世界」の範囲は違うのかな、と最近思います。「我々」の世界、「彼ら」の世界。世川くんの「世界」で見えたものを是非これから教えてください。

    • yuta.segawa のコメント:

      ありがとうございます!
      ぜひ、授業とかでもお役立ていただければ、嬉しいです!

コメントを残す