パリジャンと江戸っ子と京都の都人 〜なり切れるか、なり切れないかのはざまで〜

事実、パリジャン・パリジェンヌという響は、多くの人々を魅了する。

 

パリは、芸術や食、ファッションに学問、ありとあらゆるものを結集させる力と、発信力の二つを兼ね備えた都市である。それ故、ヨーロッパの中では、嫉妬からくるやっかみで、パリやパリジャン・パリジェンヌを皮肉ったり馬鹿にする人もいる。他方、外国人や田舎者が憧れのパリに来た時に、思いっきりパリジャン・パリジェンヌであろうとすることもある。

 

国立文法語彙リソース研究センターの定義によれば、パリ人とは、「(Celui, celle) qui est né(e) à Paris et/ou qui y habite.」、ということで、「パリに生まれ、パリに住む人。もしくはパリに住む人。」である。

 

これは、パリ人の定義に、「生まれて住み続けている人」と、「住んでいる人」の2種類があることを示している。残念ながら、「パリ生まれだけれど、もう住んでいない」という人は、パリ人ではない。

 

しかし、この2種類のパリ人には、明確な差がある。

 

歴史学者の故井上勲先生は、新撰組を語る時に、「同調の過剰」という言葉を使われた。「同調の過剰」とは、武家の出ではない新撰組のメンバーは、武士であろうとするために、むやみに刀を抜いたり、恥じることなく闇討ちをしたりする。このように、彼らが武士であろうとすればする程、本物の武士がしないことをやるというものである。

 

このように、パリ生まれでないパリ人には、パリ生まれの生粋のパリっ子がしない所作言動がある。

カテゴリー: 日仏比較 パーマリンク

コメントを残す