大統領制のフランスに住めば 〜マクロンの改革・サルコジの拘束・森友問題等に比較して〜

3月20日に、フランスの前々大統領サルコジの身柄が拘束された。容疑は、数年前より取り沙汰されていた、2007年の大統領選挙において、アラブの春で失脚殺害されたリビアのカダフィ大佐から、莫大な資金援助を受けていたというものである。この時の大統領選挙でサルコジは当選を果たし、1期丸5年を勤め上げた。

 

 

その3日後の23日には、韓国のこれまた前々大統領の李明博が逮捕された。容疑は、大統領への機密費の上納と、サムスンとの癒着である。たまたまであるが、こういう流れになっているのが面白い。

 

 

フランスに外国人として住むと、フランスは確かに大統領制の国なのだなと感じさせられることが、生活レベルにおいてある。どういうことかというと、大統領が誰であるかによって、行政サービスが変化する。

 

例えば、僕はサルコジ政権の末期に、日本のフランス大使館で学生ビザを取得した。
その時にまことしやかに言われていたのが、サルコジは移民や外国人のフランスへの流入が嫌いだから、学生ビザの取得が大変だよという噂であった。
実際、パリ第7大学への進学が7月半ばに決まってから、さあビザ取得だと思ったら、予約可能なビザの面接日が8月の末しか設定できず、面接では3週間以上発給まで待たねばならないと言われ、これでは、9月初旬の進学手続きに間に合わないと人生最大の焦りを感じたのを覚えている。それも、3週間の余裕を持って、面接日を予約してくださいと大使館が言っているのに、3週間以上前に予約しても、それ以上に待たされるという矛盾に愕然とした。
これがフランスの洗礼かと驚いたが、ビザは人に助けられて、運良く数日で発行され、急いでパリへと飛び立った。

 

このサルコジ政権末期の留学やフランス進学は、魔の一年であったようで、こうした日本人学生への非友好的な対応のために、交換留学にいけなくなったり、受かっていたはずの大学に進学できないといった不利益を被った人は少なくないとのことであった。

カテゴリー: フランスの現実, 日仏比較 パーマリンク

コメントを残す